TOPへ

どて内科医院

よくあるご質問


よくあるご質問(Q&A)

Q1.訪問診療を受けたいのですが、まずどうしたらよいのですか?
A.まずはお気軽にお電話ください。
患者様ご自身やそのご家族、担当ケアマネジャーさんなど、どなたからのご連絡もお待ちしております。
電話で大まかなお話を伺った上で、患者様のご自宅にスタッフが訪問し、患者様ご自身やご家族、またケアマネジャーさんと面談して詳細について伺いいたします。その上で訪問診療を受けることができるかどうかの審査を行います。およその費用についても、この時にご説明いたします。
Q2.往診と訪問診療は、どこがどう違うのですか?
A.患者様やそのご家族などの要請に応じて医師が出向く診療が「往診」(不定期的)であり、あらかじめ医師が診療計画を立て、患者様の同意を得たうえで定期的に患者様のお住まいに出向いて診察や検査、治療、薬の処方、予防的な指導などを行うのが「訪問診療」です。訪問診療では、2週間に1回訪問するのが標準的です。 したがって、訪問診療を受けている患者様でも、訪問予定日でない日に急に具合が悪くなり、医師に来てもらったような場合は、「往診」を受けたことになります。 当院では、急変時には「365日×24時間体制」で対応いたします(緊急往診)。
Q3.医療機器がない自宅で診療が受けられますか?
A.A. はい。受けられます。
当院では、下記のような診療や検査、管理が可能です。

  • 医師による診療
【検査】
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 超音波検査
  • 心電図検査
【処置など】
  • 在宅酸素療法(HOT)
  • 中心静脈栄養法(IVH)
  • 在宅人工呼吸療法(NPPV)
  • 気管切開管理
  • 胃ろう、経鼻経管栄養管理
  • 褥瘡(床ずれ)管理
  • 人工肛門の管理
  • 尿道(留置)カテーテルの管理
  • インスリン自己注射の管理指導
  • 血糖測定器の管理指導
  • 麻薬による疼痛管理
  • 麻薬持続皮下注射


診療を行っていく経過で専門的な検査や手術は、専門病院をご紹介しています。
Q4.どのような人が訪問診療の対象となりますか?
A.年齢、性別、疾患、程度を問わず、通院が困難であれば訪問診療の対象となり、例えば下記のような方が該当します。

  • 医療機関への通院が困難な方
  • 在宅での療養を希望される方
  • 退院後のケアが必要な方
  • 認知症の方
  • 寝たきりの方
  • がん末期、神経難病、重度障がいの方
  • 慢性呼吸器疾患で在宅療養が必要な方
  • 胃ろうや尿道カテーテルを使用している方 など

Q5.貴院から自宅が少々離れているのですが、来ていただけるのでしょうか?
A.訪問診療は堺市内を中心に行っております。詳しくは下記の対象エリア詳細をご覧ください。
クリニックより半径16km内エリアが目安となります。


Q6.訪問診療日は指定できませんか?
A.訪問診療日・時間については、ご相談の上、決定いたします。原則的に、訪問日は同じ曜日になります。
Q7.お薬は持ってきてもらえるのでしょうか?
A.はい。当院は、薬局と連携して薬剤師が患者様のご自宅までお薬をお持ちするシステムを導入しております。
薬剤師が訪問した際には服薬指導や残薬管理、またお薬に関する相談もお受けいたします。また、患者様ご自身が処方せんを有効期限内(処方日を含め4日間、日曜・祝日を含む)に調剤薬局にお持ちになり、薬をお受け取りになることも、もちろん可能です。
Q8.家族の者が不在にしがちなのですが、それでも来ていただけるのでしょうか?
A.ご家族の方が不在で、しかも患者様ご自身による鍵の開け閉めが難しいケースでも、鍵を当方でお預かりしておいて訪問診療に上がることは可能です。
Q9.訪問診療を受けるには、目安としてどのくらいの費用がかかりますか?
A.訪問診療には保険が使えますので、病院やクリニックでの外来を受診するのと同様に、国民健康保険や各種被用者保険、後期高齢者医療制度などの対象となります。
訪問診療に要する費用は、月2回の訪問診療と24時間対応にかかる料金です。そのほか患者様の状態や必要な処置、薬剤などによっていくぶん変動してきますが、1割負担の方ですと月に8,000円くらいが大体の目安となります。なお、身体障害や特定疾患などをお持ちの方は、減免措置が受けられます。
費用については、訪問診療を開始する前にきちんとご説明いたしますので、不明な点が出てきましたら、その折にご質問ください。

Q10.再び入院が必要になった時は、元の病院に入院できますか?
A.在宅医療を開始してからも、患者様の病状やご家族の都合などにより、在宅医療を継続することが難しくなるケースがあります。そうした場合は、病院や施設に入院・入所を依頼いたします。
原則的には、在宅療養するまでに患者様が入院なさっていた病院、また新たに患者様やご家族がご希望になる病院に依頼しますが、患者様の病状や病院のベッドの空き状況などによっては、ご希望に沿えないこともあります。
072-260-4300
(c) 2016 どて内科医院 All rights reserved.