TOPへ

どて内科医院

クリニック風景


「どて内科医院」はホームドクターとして、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病の管理から認知症のケアまで、皆さまが住み慣れた地域で安心してお過ごしできるようお手伝いいたします。寝たきりや転倒、肺炎、褥瘡などの予防を行い、栄養状態の管理・指導も行いますので、ご自身やご家族に不安なことがあれば、いつでも気軽にご相談ください。

一般外来の診療時間
午前診
09:00 ~ 12:00
夜診
18:00 ~ 19:30
休診日
月曜日午後、木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

※夜診及び土曜日は再診予約のみとさせていただいております。
※認知症診察をご希望の方はTELにてご予約お取りいただくようお願いします。
※当院の診療は中学生以上に限らせていただいております。

クリニック風景

  • 外観

  • 入口

  • 受付

  • 待合

  • 診察室

内科

急な体調不良や生活習慣病などお気軽にご相談ください
内科全般のプライマリーケア(初期診療)を行います。急な発熱、咳、腹痛やインフルエンザなどの急性疾患の他、糖尿病や脂質異常症・高血圧症、痛風などの生活習慣病まで、内科一般について診療いたします。 また、何となく体調が悪いけど、原因がわからずどこの科に行けばよいかわからない場合でもまずご相談ください。より専門的な検査、治療が必要な場合は近隣の病院での検査、または専門外来に紹介させていただきます。

生活習慣病が気になる患者さまへ

食べ過ぎ、運動不足といった日頃の生活習慣の不摂生が原因で起こる生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症、痛風などがあります。この生活習慣病と肥満が重なると動脈硬化をおこし、脳血管疾患、心臓病など命に係わる病気へのリスクがさらに高くなるとされています。そうした事態を招かないように、定期的な通院で生活習慣病をコントロールし、合併症を予防することが重要です。 健康診断などで生活習慣病を指摘された方は早めにご相談ください。

老年内科

ご高齢の方が抱える健康の悩みや介護上の問題などを幅広く診察いたします
ご高齢の方は、個人差はあるものの臓器の加齢変化や生活習慣病からくる合併症など、複数の病気をかかえていることが多く、病気の診断や治療のみを目的としても、必ずしもその後の生活の質が良くなるとは限りません。老年内科では、単一の疾患のみではなく、複数の疾患を総合的に診察しながら、ご高齢者の疾患の特徴を充分に理解しながら、患者さまの生活機能を最大に維持するため、病気の予防、治療から家族の介護の問題まで(入院から介護サービスの利用まで)総合的にサポートいたします。

対象となる方

  • いくつかの症状が重なり、どの科を受診したらよいのかわからない
  • 体調が悪いがどこの異常かわからない
  • いろいろな生活習慣病に対して総合的に診てほしい
  • 体力の減退、食欲がない
  • 物忘れが多くなった
  • 歩行に支障がある、よく転倒をする
  • 健康診断で異常を指摘された
  • 病気とリハビリ・介護のことで相談したい

認知症相談

物忘れや認知症が気になる方や、ご家族の方は気軽にご相談ください
高齢化社会を迎える中、認知機能の低下=いわゆる認知症に対する対応が大きな課題になっています。患者様自身が病状の進行に伴い日常生活に支障を来すのに加え、ご家族や周囲の方々の生活にも多大な影響を及ぼします。
認知症は早期に診断することにより、薬によって進行を遅らせることが出来るようになりました。認知機能の低下が「もの忘れ」程度の時に早期に診断や治療をすることが重要です。進行した場合にも必要な治療や介護を、患者やご家族と共に考えていきます。

このような症状はありませんか?

  • 物の場所がわかならい。見つけられない
  • 新しいことが覚えられない
  • 同じ話を何度もする
  • 話のつじつまが合わない
  • 財布・通帳・衣類などを紛失し、盗まれたと人を疑う
  • 料理、片付け、計算などでミスが増えた
  • 約束の日時や場所を間違えるようになった
  • よく知っている道で、迷ったことがある
  • ささいなことで、怒りっぽくなった
  • 元気がなくなりあまりしゃべらなくなった

072-260-4300
(c) 2016 どて内科医院 All rights reserved.